ボルフィリンの危険性と安全性は?副作用はある?

 

ボルフィリンは脂肪細胞を分裂・増殖させる効果があることから、多くのバストアップクリームやバストアップジェルに使用されています。

しかも一度ボルフィリンによって増えた脂肪は減りにくいため、使用をやめてもその状態をキープできるという特徴があります。

まさにバストアップの救世主だと言えますね。

気になるのはその安全性についてですが、いくらバストアップに効果のあるものだと言っても、危険性があるものや副作用が気になるものだったら使用したくはありませんよね。

そこでボルフィリンの危険性と安全性、副作用について調査してみました。

・ボルフィリンとは?

ボルフィリンは脂肪細胞の増殖・分化を刺激し、脂肪細胞のボリュームを増加する働きがあることが認められた新しい成分です。

フランスのセダーマ社が、ユリ科の植物ハナスゲの根に含まれるサルササポゲニンと呼ばれる原料の中からDNA配列で解明し、その働きを発見したものです。

ハナスゲ自体には消炎・解熱作用、鎮静作用、利尿作用などもあり、日本では漢方としても使用されています。

ボルフィリンを塗ったところだけに脂肪を増殖させる事が出来る上に、ボルフィリンで作った脂肪を身体の中で蓄える働きがあるのです。

ボルフィリンを塗って出来た脂肪は減りにくく、そのままを維持することが出来ることから、まさにバストアップのために生まれたと言える成分なのです。

 

・危険性と安全性について

これまでのプエラリアが配合されたバストアップサプリを使用するよりも、ボルフィリンを使用して作られたバストアップクリームやジェルの方が安全性は格段に高いです。

また先ほども言いましたが、ボルフィリンはユリ科の植物であるハナスゲから抽出されたサルササポゲニンを使用していて、これには女性ホルモンに働きかける作用はないため、危険性はありません。

細胞レベルでバストアップが出来、塗るのをやめた後でも効果は継続できるし、しかも危険性はなく安全だというのですから、バストアップしたい方にとっては一度試してみてる価値がありそうですね。

 

・副作用について

これほどバストアップに効果のあるものなら、副作用もあるのではないかと心配になるのではないでしょうか。

ところが、ボルフィンにはほとんど副作用は報告されていないのです。

これまで多く使用されていたバストアップのためのプエラリアは、女性ホルモンに似た働きをする植物性エストロゲンを多く含んでいるので、人によっては生理不順などの副作用があることが話題になりました。

けれどもボルフィリンは、女性ホルモンに働きかける成分ではなく、塗った部分だけに直接効果をもたらす成分なので副作用はほとんどないのです。

ただし植物性の成分となるため、アレルギー反応が起きる可能性がないとは言えません。

そこで敏感肌やアレルギーのある方は、念のため使用前にパッチテストをしてみて、大丈夫なことを確認してから使用するといいでしょう。

もう一つ注意が必要な点がありますが、ボルフィリンが含まれたバストアップクリーム(ジェル)やヒップアップクリームを使った後は、手をしっかり洗うように心掛けましょう。

毎回手についたままにしておくと、ボルフィリンの脂肪細胞の増殖作用により、ふっくらと脂肪がついた指になってしまうことがあるからです。

 

・まとめ

ボルフィリンは、塗った箇所(バストあるいはヒップ)の脂肪を増殖させます。

ボルフィリンで増殖させた脂肪は減りにくいので、塗るのをやめてからもキープできます。

副作用がないので、危険性はなく安全です。

バストアップ効果は、サプリメントよりもボルフィリンが入ったバストアップクリームやバストアップジェルをふっくらさせたい部分に塗るのが一番効率的です。

唯一の注意点は、バストアップクリーム(ジェル)を塗った後は手に付いたクリーム(ジェル)をすぐに洗い流しておくことです。

こちらの記事も参考にしてみて下さいね。

 

セルノートの本当の口コミ・評判を暴露!副作用など